ターミナルステージとは一体なに?

ターミナルステージとは一体どのようなものなのでしょうか。
これは、終末期を迎えた患者さんの心理プロセスを段階的に表したものです。
大きく分けて、「ターミナル前期」「ターミナル中期」「ターミナル後期」に分けることができます。

終末期に直面した患者さんの心理を研究した、エリザベス・キューブラー・ロス氏の文献「死ぬ瞬間」によると、患者さんが終末期を迎えた際には、「死」に対しての心理状態が5段階のプロセスを経るということです。

5段階のプロセスとは、「否認」「怒り」「取引」「抑うつ」「受容」という流れになります。

最初は自分の病気が治る見込みがないということを受け入れられない所から始まり、次第に、どうして自分だけがこんな目に遭わなくてはいけないのかという怒りの感情が湧いてきます。
そして、死から逃れるために悪い行いをするのはやめようなどと思い始めるのですが、そういったことをしても結局死を受け入れざるを得ないと悟った時に、家族であったり近しい人達とお別れしなければならないと思うと、抑うつといって、気分が落ち込んだり、訳もなく涙が出たり、寂しい気分になったりという症状が出てくるのです。
そして、そういった段階を経て、やっと死を受け入れることができるようになるというプロセスです。

ターミナルステージは、こういったプロセスがあることを踏まえて、「ターミナル前期」「ターミナル中期」「ターミナル後期」をおおよその期間に分けて考えたものとなっています。





▲このページのトップへ