ホスピスケアと末期癌について

末期癌になり、治癒する見通しが立たなかったり、体力的に手術を行うのが難しいといった場合、 ホスピスでケアを受けるという選択肢があります。

ホスピスには、病院内にホスピス病棟がある所に入院しケアを受ける方法と、 在宅でケアを受けるという方法があります。

患者さんのご希望で、自宅で家族と過ごしたいという場合もあると思います。
そういった場合にも、家庭医が往診したり、 看護婦さんによる看護を受けることができます。

病院内のホスピスでケアを受ける場合も、 在宅でケアを受ける場合にも、 ホスピスの役割は患者さんの肉体的、精神的苦痛を取り除くという所にあります。

肉体的苦痛としては、末期癌の場合痛みを取り除くということになってきます。
これは、痛み止めを服用したり、 痛み止めが服用できなくなった場合にも、 注射や点滴、坐薬などを使用して行うことができます。

そして、精神的苦痛についてもケアを行っていきますが、 患者さんはもちろん、家族に対してもそのケアの対象となっています。
そして、患者さんが亡くなってしまっても、 ホスピスの家族に対するケアは続けられるのです。

このように、ホスピスは患者さんの肉体的苦痛を取り除くだけでなく、 患者さん、そしてその家族までサポートしてくれるという、 心強い存在なのです。





▲このページのトップへ