ホスピスの入院費用は特別?

ホスピスへの入院を考えている。でもホスピスへの入院費用って高いんじゃない?と不安を抱いている方へ、このページではホスピス入院にかかる費用について詳しくお話したいと思います。


ホスピスは他の病院と比べて、施設・治療法・待遇など、一般の普通病等よりも工夫されており、また患者さんも過ごしやすい…


なおかつ、主治医・ナースも密に接してくれて、患者や家族のわがままだって聞いてくれる…


こんな話を聞くと、なかには、保険がきかなくて通常の病院より費用がかかると思う方もいらっしゃると思います。しかしそれは大きな誤解です。

ホスピスへの入院は、一般病棟に入院するのとまったく同じで、社会保険、国民健康保険など各種健康保険が適用されます。その給付割合も一般入院の場合と同じということで、事実上、ホスピスは、一般病棟に比べて高くも安くもない。入院にかかる費用は同じ程度だと認識してください。

各ホスピスによって費用の違いはありますが、入院費用の参考例をご紹介します。

ホスピスの個室料金(1日)

ホスピスの個室料金は一律ではなく、ホスピス病院により価格帯は様々です。一般的な個室の相場は2,000円〜15,000円。特別室は15,000円〜40,000円と幅があります。ホスピスの個室は全て、保険適用外の差額ベッド代が必要だと思われがちですが、必ずしもそうではなく、ホスピスによっては、北側の部屋は差額ベッド代なしだったりと、同じ部屋でも備品などにより、差額ベッド代の必要な部屋と、必要ではない部屋とで分かれています。詳しくは入院を検討されているホスピスにお問い合わせください。

入院費用の他にかかる費用

ホスピスでは、室料を除く保険外費用はなく、電話代、新聞代など実費のみとしていうところが多く見受けられます。また、ホスピスによっては一般病棟と等しく、洗濯によるコインランドリー代などがかかるところもあります。

1ヶ月の出費(参考例)

医療費の一部負担金が高額である場合、高額医療費助成対象となります。高額医療費助成対象とは、月63,000円を超える場合、入院費用が返還される制度のことをいいます。要約すれば、月間の医療費の自己負担額は最高63,000円となり、それ以上の負担は必要ないということです。ただし、返還は3ヶ月〜半年後くらいとなりますので、その間は手持ちの現金で対応しなければなりません。

入院費用が負担できない場合の措置

費用が負担できない場合とは、主に個室料金の問題となることが多いのですが、これについてはソーシャルワーカーが相談にのり、一定の基準によって減免措置のとれるホスピスもあります。この際の個室とは、あくまでも、治療に必要と認められた個室のみです。





▲このページのトップへ