ホスピスの緩和ケアってなに?

もし癌などの病気になってしまったら、それを治そうとしてあらゆる治療を行ったり、延命治療を行うことが当然という感じになっていると思います。

しかし、治る見込みが薄い場合には、手術を行うことが難しかったり、抗がん剤治療などでは患者さんに身体的、精神的負担が掛かってしまうことが多くあります。

そういった場合に、無理に治療を行わず、患者さんが死を受け入れて、残された時間を大切に生きるために、病気による痛みを取り除いたり、本人のみならず、家族に対しても精神的なケアを行うのが、ホスピス 緩和ケアです。

たいていの場合、ホスピス 緩和ケアを行うのはチーム体制になっており、それには医師を中心に、看護師や薬剤師、リハビリテーションのスタッフなどで成り立っています。

それは在宅においても同じで、病院と異なるのは、医師や看護師などが自宅を訪問して、緩和ケアを行う所です。

ですので、たとえばホスピス施設に申し込んでいるけれども、空きがなかったりして入所待ちをしているといった場合には、在宅ホスピス緩和ケアを行いながら、入所を待つという方法もあります。

治る可能性が薄い病気になってしまった場合、本人が最も辛いでしょうが、周りの家族もいろいろと大変になってくると思います。
そんな時にはきっと、ホスピス 緩和ケアのスタッフが、精神的に支えになってくれることでしょう。





▲このページのトップへ