ホスピスの費用シュミレーションをしてみました

ホスピスに入院した場合に、実際に掛かる費用はどれ位になるのか、
費用をシュミレーションしてみたいと思います。

ホスピスに入院した場合の費用は、大きく分けて、
◎医療費・食事代
◎差額ベッド代
◎おむつ代などの雑費
になってきますので、これらについてシュミレーションしていきたいと思います。

【医療費・食事代】

ホスピスに入院するというと、
高額な医療費が掛かるのではないかと思われるかもしれませんが、
実際に医療費として支払う分は、健康保険の適用があるので、
一般の入院と変わりありません。

70歳未満の方が1ヶ月あたり窓口で支払う限度額は、平成27年1月1日より、

(日)年収約1,160万円〜の方は、252,600円+(医療費-842,000円)×1%、
(月)年収約770〜約1,160万円の方は、167,400円+(医療費-558,000円)×1%、
(火)年収約370〜約770万円の方は、80,100円+(医療費-267,000円)×1%、
(水)年収約370万円の方は、57,600円
(木)住民税非課税の方は、35,400円となります。

70歳以上の方が入院した場合、1ヶ月あたり窓口で支払う限度額は、

(金)現役並みに所得のある方(月収28万円以上など、3割負担)は、80,100円+(医療費-267,000円)×1%、
(土)一般の方ですと、44,400円、
(祭)住民税非課税世帯では、総所得金額が0円の方は、15,000円、それ以外の方は、24,600円です。

ここでは、わかりやすい例として、(火)と(金)の場合についてシミュレーションしてみたいと思います。

仮に、1ヶ月の入院医療費が100万円掛かったとします。
(火)の場合は、70歳未満なので、医療費の負担割合は3割となります。
また、(金)の場合も、現役並みに所得があり、3割負担となります。

ということで、100万円のうち3割負担するということは、
30万円負担することになります。

ですが、上記の例で行くと、
80,100円+(医療費-267,000円)×1%
しか負担しなくても良いことになり、
実際には、

80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%
=80,100円+7,330円
=87,430円しか窓口で負担する必要はなくなります。

ただ、このように窓口で負担する額を少なくするためには、
「限度額認定証」というものが必要になります。

国民健康保険に加入されている方は、お住まいの市区町村へ、
社会保険の方は職場を通じて申請していただくことになります。

70歳以上の方については、自動的に窓口での支払いが少なくなりますが、
住民税非課税の方は、低所得の認定が必要になるので、
申請が必要となります。

それから、食事代についてですが、
こちらは1食260円となります。
ということは、1日3食として、
260円×3=780円です。

1ヶ月入院した場合の食事代は、
780円×30日=23,400円です。

ただし、食事代については、入院する日数や所得区分によって、これより負担が安く済む場合もあります。

【差額ベッド代】

差額ベッド代は、病院により大きく異なりますが、
ここでは1日5,000円の個室に入院したと考えて、1ヶ月入院した場合をシュミレーションしてみたいと思います。

1日5,000円×30日=150,000円

となります。

【おむつ代などの雑費】

おむつ代は、病院によって大きく異なってきます。
持ち込みが可能なところもあれば、
病院で用意して後で請求されるところもあります。

病院によって差があるので、負担する金額も大きく変わってきますが、
安ければ1ヶ月20,000円で済むところもあれば、
高いところになると1ヶ月60,000円以上するところもあります。
ここでは、便宜的に30,000円で計算してみたいと思います。・・・(日)

また、寝巻き代やタオル代などが掛かることが多いようです。
こちらも、病院によって大きく異なり、
20,000円から多いところでは50,000円を超える所も。
こちらも、30,000円で計算してみたいと思います。・・・(月)

ということで、(日)おむつ代30,000円+(月)寝巻き・タオル代30,000円
=60,000円が掛かるという計算になります。

ただ、この辺りは本当に病院によって差があることなので、
実際には金額が上下することが考えられます。

今まで見てきた項目を合計して考えてみると、
【医療費・食事代】・・・87,430円+23,400円
【差額ベッド代】・・・・150,000円
【おむつ代などの雑費】・60,000円

1ヶ月の入院費用合計は、320,830円ということになります。

ただし、ここでの結果はほんの一例であり、
医療費については所得により異なりますし、
無料の病室であれば差額ベッド代は掛からなくて良いことになります。
おむつ代なども、病院によって大きく異なります。

それらを踏まえた上で、ご参考にしていただければと思います。





▲このページのトップへ