ホスピスとは一体何か?

ホスピスとは、主に末期癌(がん・ガン)患者に対して緩和治療や終末期医療(ターミナルケア)を行う施設のことを言います。

自らの意思と選択にもとづいて最後の時までを少しでも快適に生き、その結果として、安らかな尊厳に満ちた死を迎えたいと、自ら望む末期のがん患者さんをサポートするのがホスピスであり、終末期医療(ターミナルケア)の理念です。

患者さんには、抗がん剤などの強い治療は行わず、主に麻薬を使用する「痛みのコントール」と、精神的・社会的な援助を行いながら、死が訪れるまで、生きていることに意味を見出せるケアが施されます。

ホスピスの魅力

ホスピスの優れている点は、まず医者やナース、スタッフの数が圧倒的に多く、患者さんひとりひとりに対するケアが手厚く行き届いていることです。それだけに、きめこまやかな看護と痛みをとる点では一番だと言えます。 ホスピスと一般病棟との大きな違いは、検査や治療など症状の改善を中心に考えるのではなく、身体の痛みや身体のだるさ、辛さ、といった患者さんが不快に感じることを最大限に減らすことを優先においているところです。 治療や検査がまったくないというわけではありませんが、病院側からの一方的な押し付けなどはなく、十分な説明と患者さんの納得があった上で受けることができます。

ホスピスで送る入院生活

ホスピス治療のメリットにてご紹介しておりますが、ホスピスでは、その人らしさを尊重したケアが行われます。生活習慣も尊重されますので、普段ご自宅で過ごされているのと近い状態で入院生活を送ることができます。

もちろん、ホスピスでの生活は集団生活となりますので、100パーセント全て患者さんのご希望を叶えることはできないのですが、それでも寝起きの時間、食事の時間、面会時間や就寝時間など、一般の病棟に比べて制限は少なく、検査や回診といった病院の都合で生活リズムが乱されることも少ないのです。

ホスピスはストレスが少ない

ホスピスでは建物のつくりも患者さんが生活しやすいように配慮された作りになっています。

病室の大半は個室になっており、生活のプライバシーも守られるように工夫され、大部屋であっても一般病院よりもゆったりと過ごせるような間取りになっています。

家族が泊まれる部屋、料理を楽しめるキッチン、ゆったり会話を楽しめる談話室や将棋を楽しめるような娯楽室などの設備も整っています。

ホスピスへの入院にかかる料金

ホスピスの入院にかかる料金については、ホスピスへの入院費用をご覧ください。

コラム「介護を上手に続ける秘訣」

介護を頑張っているあなたへ

「病人は病気と闘って辛い思いをしているだから健康な私は頑張らないと」など、介護にあたられているご家族の方からよくこんな言葉を耳にします。

確かに病気である患者さんは大変です。でも介護する人だって人間です。

あなたは、普段の生活に追われながら、一生懸命に介護を頑張っているのです。「健康だから」といって患者さんに引け目を感じることもあるかもしれませんが、いつも以上に大変なことをしているのです。

まずはしっかり自分を誉めてあげてください。そして、疲れたなと思ったときはしっかり休みをとること。これがストレスを溜めずに介護を続ける秘訣なのです。





▲このページのトップへ