癌を防ぐ12ヶ条とは

癌の予防策には様々なものがありますが、この「癌を防ぐ12ヶ条」は癌を予防するうえでたいへん大切になります。よく読んで、少しずつでいいので実行されることをオススメします。

1.バランスのある食生活を

食事はバランスの良いものにするよう心がけていきましょう。どのような食材にはどのような栄養素が含まれているのか。こういったこともしっかり考えていきましょう。ビタミンだけを優先すれば良いというわけではありません。食物繊維といった栄養素にも抗癌作用はあります。もちろん、野菜全般を沢山取るということを忘れてはなりません。

2.同じ食事を繰り返さない

好きなものを毎日食べてしまいがちですが、これは非常によくないことです。単純な栄養素計算だけでなく、複数の食材を毎日変化をつけて摂取していくということが、癌予防にはたいへん望ましいといえるでしょう。

3.食べすぎと脂肪は控える

脂肪の過剰摂取は癌に悪く、とくに乳癌になる可能性がとても高くなります。もちろん、大腸癌や前立腺癌といったものの原因にもなりやすいので注意をしましょう。また食事量も暴飲暴食は避け、腹八分目のほどほどにすると良いでしょう。

4.お酒は飲み過ぎない

お酒の中でも特に度数の強いお酒は、口やのどの、食道の粘膜に負担をかけます。そのため、アルコールは口腔癌、喉頭癌、食道癌との関連性が強いといわれているのです。特に同時にタバコを吸ったりした場合は、酔って感覚の鈍った舌からニコチンが接種されやすいの注意が必要です。

5.たばこを吸わない

癌を予防する様々な活動の中で一番重要なのが「たばこを吸わない」ということになるかもしれません。タバコは肺癌への影響が強いと思われがちですが、喉頭癌への影響も高いということが科学的に認められています。副流煙による周囲の人への影響もありますので、やはりタバコは1日でも早くやめたほうがいいでしょう。

6.ビタミン・食物繊維をしっかり摂る

ビタミンをしっかり摂りましょう。サプリメントなどの人工的なものからよりも、食物から自然に摂取するほうが望ましいです。また、食物繊維も癌予防に大きく貢献してくれます。ビタミンの詳細などはここでは詳しく書きませんが、調べればすぐに一日の必要栄養素は解るはずです。しっかり頭に入れて必要なビタミン、食物繊維をしっかり摂取するよう心がけましょう。

7.塩分の過剰摂取 熱すぎるものの摂取を控える

塩分過剰摂取は胃癌に対して特に影響があると言われています。もちろん、他の各種癌への影響があります。塩分の一日の摂取量は10g 程度に抑えましょう。日本人はついつい塩分を多く摂りがちですので(食文化に根付いているため)注意しましょう。熱すぎるものも胃への負担を強め、胃癌発病の可能性を高めます。

8.焦げを食べない

焦げた所を食べるとガンになると聞いたことはありませんか?これは決して迷信ではありません。極端に神経質になる必要はありませんが、こげの中には発癌物質が含まれていますので、あまり食べないように心がけましょう。

9.かびを食べない

かびているものは普段食べることがないかと思いますが、木の実など、案外かびの存在に気づかず口にしてしまう人もいます。これも発癌性の物質が含まれているので気をつけましょう。

10.紫外線を浴びすぎない

紫外線を浴びすぎないようにしましょう。特に皮膚癌の恐れが高まってしまいます。夏の日焼けもほどほどにしましょう。

11.適度な運動を心がける

適度な運動は健康にとって様々なよい影響があります。運動する時間をとりにくい人も、1日数分の運動からでもいいので、運動するということを習慣にしましょう。運動が習慣になれば、驚く程身体が変化しているのに気がつくはずです。

12.清潔にする

不潔にしすぎると、皮膚癌、陰茎癌、子宮頚癌に発展する可能性もあります。こまめな清掃を意識する必要はありませんが、適度に清潔な空間を維持できるよう心がけましょう。





▲このページのトップへ