遺伝する癌と遺伝しない癌

は遺伝すると思いますか?

人体の健康に害を与える病気は数多くあります。そしてその中には遺伝性のものが実は多いということをご存知でしょうか。

日本人の死亡率トップである癌が、遺伝性であるかどうかというのは、ひとりの人間として気になってしまうということは当たり前のことです。

結論から言いますと、癌は「ほぼ遺伝しない病気」であると考えて間違えないでしょう。

厳密に言えば、癌には遺伝する癌・遺伝しない癌という二種のものがありますが、このうち遺伝する癌は全体の5%以下に過ぎないという統計が出ているのです。

遺伝する癌について

癌は遺伝しないといっても5%は遺伝するのではないか、と心配になられる方もいらっしゃると思いますが、そんな方には簡単なチェック方法をお教えします。

血縁者の中に、一般的に癌になりやすい年齢よりも若い時期に癌にかかったという人が居る人。または、あまりかかることのない珍しい種類の癌にかかった人がいるという人。そして、一人でたくさんの種類の癌を発病してしまった人がいるという人。

上記のどれかに該当した方は、遺伝する癌の因子を持っている可能性が少なからずあるということがいえるでしょう。

もちろん、該当したから100%そうだ、という訳ではありませんが、健康診断等で不安要素がある方は、しっかりと病院(遺伝相談外来)へ行き、相談または精密な検査を受け、自分の身体の状態を定期的に知る、ということが大切になってきます。

親と子で同じ種類の癌にかかる

親と子で同じ種類の癌にかかるというケース、あなたの近くでもこういったことが起こってはいませんか?

本来であれば遺伝性の少ない癌ですが、どうしてこのようなことが起こりうるのか。それは多くの病気にも同じことが言えますが、生活習慣が一番の原因なのです。

やはり親と子。生活習慣の細かい部分は違っていたとしても基本的には似ているということが、よくあります。一概には言い切れませんが、遺伝性が5%癌であっても、こういった理由から、親子共に同種の癌にかかるケースが出てきてしまうということが起こりえるのです。

は遺伝するのでなく、生活習慣が主な原因になっているという事をしっかり理解して、正しく健康的な生活を意識で送るということが、癌を防ぐ一番の方法といえるでしょう。





▲このページのトップへ