悪性癌の特徴とは

には様々な種類があります。基本的には部位により名称が変わり、上皮細胞に発生する、ものは「癌種」と呼ばれ、また骨や軟骨組織に発生するものは「肉腫」と呼ばれます。また、血液に発生するものは「造血器腫瘍」と呼ばれています。

実はこの癌には、「良性のもの」と「悪性のもの」があるという事はご存知でしたか? 基本的に癌と世間で呼ばれているものは、悪性の癌を指しています。

見て分かる通り、悪性の癌は身体に良くなく、この悪性の癌による死亡率は日本国内でも非常に高く、恐るべき病気の1つとされています。

この悪性の癌の特徴である「悪液質」という物質は、人間の生活上必要とされている栄養を奪っていきます。そしてだんだんと人体を蝕んでいき、最終的には人間を死に至らせるのです。

悪性癌は転移してしまう

さらにこの悪液質は、異常なスピードで増殖していき(自立的増殖)、本来癌にかかっている部位以外の場所にもどんどん広がってしまい、ほおっておくと、転移または浸透していってしまうのです。

この悪液質によって体中の大切な栄養素が癌細胞に奪われていってしまう、これが癌の恐るべき特徴なのです。

良性癌の特徴とは

対する良性の癌とは、一体どういうものなのか。

具体的な例としてはポリープなどが良性の癌になります。悪性の癌との違いは、悪液質がなく、人間の栄養素を奪うということがありません。また、転移や浸透という機能を持ち合わせていないため、健康的な部位が蝕まれることがはありません。

自立的増殖という自立的に増殖という特徴こそありますが、他の部位に広がったり、栄養を奪うという悪性癌の悪しき特長がありませんから、この状態の癌細胞であれば、身体への悪影響はないと考えても問題ないでしょう。

良性の癌細胞は人体に影響がないのか

良性癌が人体には影響がないかといっても、手放しで喜ぶことができないのです。なぜなら、この良性の癌が突如悪性の癌に変化するという事が事実としてあるからです。

今は大丈夫でも今後どうなるか解らないという恐ろしさがあるので、良性の癌であったとしても、念のため治療する事が必要となるでしょう。

良性な癌なのか、悪性の癌なのか、これを区別するのは簡単なことではないので、まずは病院での精密な検査を受けることが重要になってきます。





▲このページのトップへ